わきがとはなにか

わきがとはなにか

体臭が強いって感じる人いますね。

体臭といっても色々ありますが、その正体は「わきが」であることが多いです。
「わきが」とは、脇の下から出る嫌な臭いのことです。

「わきが」を出している人は人知れず悩んでいるものです。

What Are Apocrine Glands?

「わきが」は、医学用語では腋臭症とか臭汗症と呼びますが、
病気ではありません。むしろ体質といったほうが当を得ているでしょう。

この「わきが」ですが、民族別に見るとそれなりに差があるのですね。
というのも、本来日本人には少なく欧米人や黒人に多いのです。

わきがは黒人の場合は100%、
欧米人の場合でも70%の人が発症するということです。

いっぽうアジア系に目を転じてみますと、
日本人は10~15%、中国人の場合は10%ととても少ないのです。

では、なぜそのような違いが発生してくるのでしょうか?

それは食生活の違いから発生してくるのです。

大阪 わきが 治療

欧米人は狩猟系民族ですが、日本人は農耕民族です。

一般的に「わきが」が多いのは肉食の多い狩猟民族、
日本人のような農耕民族は穀物や野菜中心の食事ですが、
このような農耕民族には「わきが」が少ないのです。

脇の下には汗腺というものがあります。
そして「アポクリン腺」と「エクリン腺」の2種類が汗腺にはあります。

この2つの汗腺のうち「アポクリン腺」から「わきが」は発生しますが、
雑菌などが脂肪酸を含んだ汗に付着し「わきが」の臭いが出るのです。

この「アポクリン腺」は、人が生まれた時から持っているものですが、
特に思春期にはその活動も活発になるのです。

最近は日本も欧米並みに肉食が増えてきていますが、
「アポクリン腺」がそこで出来るというわけではないのです。

また「アポクリン腺」が欧米化した食生活により増えるというものでもありません。

しかし、動物性たんぱく質の多い食事を多く摂り続けると、
「アポクリン腺」が活性化することはあります。

症状について|わきが・多汗症は必ず治る!

つまり汗の分泌が増えてくるということです。
これは取りも直さず「わきが」になりやすくなるということです。

もちろん「わきが」の原因は100%肉食ではありません。

しかし摂取する肉の量が多い人は、「アポクリン腺」が刺激されますから、
「わきが」が発生しやすい体質に変わっていくのですね。

体質的な面が原因であるということは、当然遺伝的な面もあるのです。
たとえば、両親ともに「わきが」であれば、
その体質は子供に引き継がれていく可能性も大きいですね。

病気ではないとはいえ、「わきが」は周囲の人にも嫌な思いをさせるものです。
「わきが」で悩む人は香水や、もうちょっと踏み込んで手術などで改善したほうがいいでしょう。

手術といっても大規模なものではないし、
最近は切開しない手術方法もあるので、選択肢のひとつに入れてもいいのではないでしょうか?